読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

ライトノベルインフォ9(5月20日発売のラノベ「ファンタジア文庫」)

本日、三回目の更新は、

満を持してのファンタジア文庫の発売情報です。

例によってコピペなので公式はこちら

富士見書房|刊行情報

 

今月は9巻ですね。

 

Only Sense Online5 ―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)

Only Sense Online5 ―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)

 

生産ギルドvsPKギルド!? Rクエストを巡る争奪戦勃発!!

生産ギルド主催のイベントが開幕し、ユン率いる(?)新人パーティは町に乗り出す。しかし、あらゆるトラブルが交錯して街は大混乱!? その渦中、ミュウはひとりレイドクエストへのリベンジに熱く燃えていた!!

 

できそこないの魔獣錬磨師 (2) (富士見ファンタジア文庫)

できそこないの魔獣錬磨師 (2) (富士見ファンタジア文庫)

 

学内ランキング戦開始! 今度の強敵はスライムトレーナー!?

学内ランキング戦が近づき、人一倍気合の入るレイン! そんな彼のクラスに突如転校してきたのは、スライムを引き連れた美少女だった……!? さらに学年1位と2位も遠征から帰還し、レインに立ちふさがる——!

 

修学旅行先の沖縄で茉莉の『萌え』講座!?

連載原稿の一話目がようやく上がったはいいものの相変わらず、俺は『萌え』について分かっていないらしく……。茉莉から修学旅行先の沖縄で『萌え』について身を持って教えてもらうことに!? ってどういうこと?

 

世界を癒やす少年と世界を繋げる少女の物語、クライマックス!

ミソラとフィアの邂逅から始まった物語。「世界を癒やす」「世界を繋げる」——ふたりの持つ類い希なる力を巡り、交差する様々な思惑が絡み合う。科学と幻想、ふたつの世界が織りなす奇跡の物語、クライマックス!

 

まわせっ! 課金戦乙女のヒルデさん

まわせっ! 課金戦乙女のヒルデさん

著者:日の原裕光 イラスト:やむ茶

「SRが出なくて闇堕ちしそうです……。あと10回だけ……」

突如として高校生・潤矢の家へ転がり込んできた、ヴァルキリーのヒルデ! 世界を救う使命のハズが……現世のソシャゲ「アイドルライブゼノグラシア」にドハマリした彼女は徐々に廃課金兵への道のりを歩み始め!?

 

日色パーティの日常と冒険が満載!「金色の文字使い」初短編集!

異世界に召喚された丘村日色は、旅路の合間に仲間たちとの賑やかな冒険を繰り広げていた。珍味を求めるグルメレースに、秘宝を巡る大怪盗との決闘。そこには暗躍する者の姿も……。異世界ライフ満喫の外伝がここに!

 

シュン、孤軍奮闘!? 姉妹たちを、全員救い出せ!!

帝國との戦争を終結させたシュンたち。しかし、バーガント国王により〈魔王〉の娘である正体が曝かれ、終末姉妹たちは追われる身となってしまう。さらに、死んだはずの〈魔王〉本人がバーガントに降臨して——!?

 

「やっぱり女子なんて、ロクなもんじゃないんだ!」

JK嫌いを克服したかに見えた弥代は、図書準備室でおとなしげな美少女・千編と出会う。だがこの少女は、一日に3枚エロマンガの原稿を描かないと、ラッキースケベが頻出してしまう体質に悩まされていて——!?

 

はぐれ魔剣士と共鳴少女隊 (富士見ファンタジア文庫)

はぐれ魔剣士と共鳴少女隊 (富士見ファンタジア文庫)

 

力をもたらす共鳴契約、その代償は乙女の純情!?

「か、仮にも乙女ともあろうものがそんな——」魔力を凍結された少年ユージンが魔法を使える理由、それは魔力を秘めた令嬢とのスキンシップ!? 元英雄とお嬢様のチームが織りなす、刺激的接触バトルアクション!!

 

修羅の国・九州で出会ったのは、良晴のご先祖様!?

明智光秀を助けるため、九州へと向かう良晴。しかし道中、小早川隆景の計略で遭難してしまい、姫大名・相良義陽の元に流れ着く。他人とは思えぬ彼女の窮地を前に、良晴は九州最強の島津四姉妹との合戦に挑むが……

 

 

4月には、これゾンのファンブック的な番外編と、

俺と彼女が下僕で奴隷で主従契約5

がシリーズ終了になってしまい、

少し残念な想いをしたryuuhyoiです。

 

まあ、これゾンは、前巻でほぼほぼ物語は終わっていましたし、

内容的にも、大団円的なものだったので、ある意味そこまで残念ではなかったです。

これはゾンビですか? (18)  はい、一般ピーポーに戻ります (富士見ファンタジア文庫)

木村さんは、

こちらの作品も刊行していますしね。

ちょっと売れ行きが怖いですが、彼の書く文章は

他を隔絶したものなので、どんな形であれ、作家を続けてほしいですね。

 

そして、俺と彼女が下僕で奴隷で主従契約5

こちらは少し残念な終わり方でした。

どの巻からでも終わらせられるような書き方って、作家さんは誰しも

心がけていらっしゃるのでしょうし、物語の整合性もとれていましたが、

これからの伏線も多くて、物語の途中これからだってところで、

一気に畳み掛けて終幕に行ってしまったのは、非常に残念でした。

 

アニメ化まではしなくとも、10巻位は刊行して、

思う存分、作品の世界と物語を描いてほしかったですね。

内容と登場人物が非常に魅力的だっただけにとてもとても残念です。

やはりタイトル目と、エロさと、イラストの艶やかさで

読者が敬遠してしまったのですかね・・・。

 

今のはやりは色っぽい積極的少女よりも、

ホンワカ系天然、しかししっかりしてるところはきちっとしてる系少女

だと思われるので、トレンドに合致しなかったからでしょうか。

いずれにせよ残念でした。

 

さて、過去のことをいくらぐだぐだ言ったってしょうがないので、

ズバリ今月の注目作品は、オレと彼女の萌えよペン3 です。

 

著者の村上凛さんとは、一度サイン会でお会いしたことがあるのですが、

黒歴史的闇のオーラを少し身に纏ったきれいなお方でした。

 

前作、お前をオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ

 は、2度のドラマCD化ののち、ちょっとはしょりすぎな感はありつつも

無事いったんエピローグを迎え、

おそらく、反響が高かったため、

 

大学生へんという形で続編が復活しました。

 

どういうスケジュール感で組んでいるのかはわからないのですが、

新作の、俺と彼女の萌えよペンも刊行を重ね、

今回で3巻目ですね。

 

前巻では、主人公の高校に転校して来たヒロインと、

主人公の幼馴染や、友達との間での

ドタバタラブコメが繰り広げられていましたが、

結果的に、みんな仲良くなってエンド。

 

今作は修学旅行というイベントが描かれるみたいで、

漫画の締め切りに間に合うか、クォリティは上げられるのか、

結構見所満載になりそうな気がしております。

 

それにしても、既刊数の多い作品ばかりですし、

世の中的にも注目されている作品が多いです。

 

やはり、売れてるレーベルに良い作品は集中するのか、

はたまた、プロモーションの上手さなのか。

これからのラノベには間違いなく、編集者の技能が問われていくんでしょうね。

 

それはそうと、最近気づいたのですが、

アニメ化作品等に頼らずに、自分の好きな作品を読んでいった結果、

多くが尻切れとんぼの3から7巻程度で完結になってしまうという

悲しみ案件で涙が溢れ出してしまいます。

 

私の好きなラノベって、人気のでないキワモノばかりなのでしょうか・・・。

とほほ