読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

ライトノベルインフォ11(5月25日発売のラノベ「オーバーラップ文庫」)

今月の25日発売レーベルは、

オーバーラップ文庫、ヒーロー文庫、MF文庫J、MFブックスの4つですね。

 

早速、オーバーラップの新刊紹介をします。

例によってコピペから開始なので、なるべく公式をみてください。

オーバーラップ文庫

 

今月の新刊は、4シリーズですね。

神話伝説の英雄の異世界譚1

神話伝説の英雄の異世界譚 1 (オーバーラップ文庫)

神話伝説の英雄の異世界譚 1 (オーバーラップ文庫)

 

奥黒比呂(おうぐろ・ひろ)はかつてアレーティアという異世界に召喚され、《軍神マルス)》として仲間と共に国を救い、周辺諸国を征服することで一大帝国を築きあげた。その後、比呂は全てを捨てる覚悟を決め、記憶を失う代償に現代へと帰還する。日々幸せを謳歌していた比呂だったが、なんの因果か再び異世界に喚び戻されて
しまう。――そこは、1000年後のアレーティアだった。過去の栄光が『神話』となった世界で、『双黒の英雄王』と呼ばれた少年の新たな『神話伝説』が幕を開ける!

 

魔剣戦記3 ~忘却の嶺花に捧ぐ名は~

魔剣戦記 3 ?忘却の嶺花に捧ぐ名は? (オーバーラップ文庫)

魔剣戦記 3 ?忘却の嶺花に捧ぐ名は? (オーバーラップ文庫)

 

「これから、始まるのよね。わたしの、夢の実現が」「ああ。アッシアを塗り替える、優しい国の建立の、第一歩だ」異世界軍事シミュレーションゲーム“魔剣戦記”の世界に転移してしばらく。スルト軍侵攻を無血完勝に導いた少年軍師・竜基は北アッシア城へと居を移した。記憶をなくしたクサカ、イズミへの手掛かりを探る中、西の山脈へと赴いていた少年軍師の元に予期せぬ情報が舞い込む。王都軍侵攻が始まった。戦況が悪化の一途をたどる中、絶望の淵に立つ、神算鬼謀の軍師と亡国の王女……竜基の起死回生の一手は!? 圧倒的スケールで贈る、「小説家になろう」発の異世界ファンタジー戦記、興奮加速の第3巻!

 

侵蝕レコンキスタ

侵蝕レコンキスタ (オーバーラップ文庫)

侵蝕レコンキスタ (オーバーラップ文庫)

 

僕たちは、救いのない世界で今日も生きていた――
 生物を異形の怪物へと変貌させる特殊領域『侵蝕世界』に地表全土を覆われ二十年。わずかに生き残った人類は先の見えぬ未来に怯える日々を過ごしていた。侵蝕世界の変異現象に耐性のある新世代『横断者(アクロッサー)』の誕生を見るも、そこに蔓延る不死身の存在『レグス』に行く手を阻まれ内部調査は難航する。そんなある日、横断者(アクロッサー)の少年トール・カスガは侵蝕世界での活動中に一人の不思議な少女と邂逅を果たす。彼女との出会いは思わぬ形で停滞していた情勢に波紋を投じてゆく。
 命を懸ける価値がこの世界にあるのか――少年少女たちの世界奪還(レコンキスタ)が始まる。

 

転生!異世界より愛をこめて

転生!異世界より愛をこめて (オーバーラップ文庫)

転生!異世界より愛をこめて (オーバーラップ文庫)

 

俺、霊界道零矢(れいかいどう・れいや)はおっさん(神様)に説教されていた。
「本当にこっちが聞きたい。マジでなんで?なんでなの?」
確かに生涯の中で一番くらいの疑問ではあった。どうして30階のビルから飛び降りても大丈夫だとか思っちゃったんだろう……。それはともかく、どうやら異世界に転生する基準を満たしているらしい。神様から与えられた能力は『創造能力』――気を抜いて創造するとこんにゃくが出る。これでどう生きれば良いのかわからないが、次の人生がんばっちゃおうかな!!
というわけで――俺、転生。

 

オーバーラップ文庫は、先月3周年?を迎えた新進気鋭のレーベル

今回も、新作3作を含む4作品を発売しております。

 

個人的には、このレーベルISの印象しかないのですが、

IS<インフィニット・ストラトス>9 (オーバーラップ文庫)

IS<インフィニット・ストラトス>9 (オーバーラップ文庫)

 

 

徐々に既刊も増えてきていて作品の幅、作家さんの幅が広がってきているように思います。

そんな中目に付いたのは、

魔剣戦記3 ~忘却の嶺花に捧ぐ名は~

こちらの作品。

 

ちょっとしか知らないのですが、確か、藍藤ユウさんって

小説家になろう出身の方ですよね。

 

また、イラストレーターのシコルスキーさんは、

カンピオーネ! 18 (ダッシュエックス文庫)

カンピオーネ! 18 (ダッシュエックス文庫)

 

で、イラストを描いている方なので、興味が湧きました。

 

ぜひ買って読んでみたいと思います。