読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

夏アニメ2015 注目作品 その1 「赤髪の白雪姫」

夏アニメ注目作品 まず最初は「赤髪の白雪姫」から参りたいと思います。

赤髪の白雪姫 Vol.1 <初回生産限定版> [Blu-ray]

 

公式サイトはこちら

clarines-kingdom.com

 

現在『LaLa DX』→『LaLa』(白泉社)にて好評連載中、

あきづき空太さんによる漫画のアニメ化作品ですね。

 

この『LaLa』というレーベル

私は寡聞にしてしらないのですが、

何となく、少女漫画系になるのでしょうか?

 

 

◆では、簡単なあらすじをば

珍しい赤髪をもった白雪は、たぐいまれなる可憐さもあって、

ある日、ラジ王子に見初められてしまいます。

赤髪と白雪の美しい外見の虜になったラジ王子

強引な方法で、白雪を愛妾にしようと働きかけていきます。

 

しかし、白雪は芯の強さもあって、自分の都合を考えないラジ王子の元には

行きたくないと考え、ついには慣れ親しんだ祖国を捨て、逃避行に至るのですが……。

 

こんなところでここから先はネタバレですかね

 

 

当然追っ手が差し向けられ、野宿と飢えの苦しみを味わいながら逃避行を続ける白雪。

そんななか、突如現れるんですね。白馬に乗ってはいないけど、王子様が!

この王子様こそ、隣国クラリネスの第2王子ゼンでした。

 

ゼンは、白雪の物怖じをしない態度をいたく気に入り、

友人として、白雪を助けようとします。

白雪の方も、自分らしく振る舞うことを許容してくれながらも、

困ったときや危ない時、見守ってくれ、時には助けてくれるゼンに居心地のよさを感じ始めます。

そんなこんなで、ゼンの機転や白雪の堂々とした行動により、ラジ王子は引き下がり、

白雪はクラリネスの城下町に住み、特別待遇でゼンのいる王宮に遊びにいけるようになりました。

 

というのが簡単なあらすじ。

 

なんか、この白雪とゼンの2人が、非常に魅力的に見えるんですよね私には。

 

■白雪について

白雪は、芯が強くて、健気で、強気で、がんばっちゃって損をしちゃうタイプの女性。

人に何かされることに感謝しながらも、誰かにもたれかかって生きることを嫌う感じ。

そうですね。

見てて思ったのは、ジブリ作品に出てくる力強い女性主人公や、

彩雲国物語の紅秀麗のイメージに合いますね。 

こういっちゃうと非常に強いイメージですが、そこは女の子。

思い詰めると突っ走っちゃうところとか、どこか放っておけない男心をくすぐる女性でもあるんですよね。

 

基本、意地っ張りで、負けず嫌いなんだけど、時々とんでもないカワイイどじをする感じとか、

男性側が見守っているのをわかってて、手を出さないでいてくれることに感謝できるところとか。

なんていうか、世の男性は一度くらい、こういう女性に振り回されたいんじゃないか

っていうのを体現したようなヒロインですよね。

 

そんな白雪の相方は

■ゼンについて

もう、一挙手一投足が洗練されたかっこよさとキザさを醸し出している「ザ・貴公子」って感じの青年。

頭も切れるし、武芸一般にも秀でた才能があるオールラウンダー。

おまけに毒にまで強いある意味無敵なところがある感じ。

何でも見通してて、白雪が気づかないところでフォローしようと努力してる姿は、

本当にたくましくもあり、微笑ましくもあり、男らしさがかっこいいです。

特に、白雪の前で余裕を見せた態度を取ろうとがんばったり、

実際に懐の深さを見せられたときのあのかっこよさ、たまんないですよね。

 

なんていうか、世の女性は一度くらい、こういう懐が広くて安心できる男性の元で、

居心地の良さを味わいながらと思うんじゃないかという要素が詰め込まれた

キャラクターになっているのではないでしょうか?

 

◆そんな2人のストーリーの良さ

この2人の良さは、お互いがお互いを尊敬し、自分が相手に見合うようになりたいと

上を目指してがんばりあっているところですね。

そこに、お互いの純粋さや、高潔さ、意志の強さが現れていて、物語がすごく綺麗なんです。

まさに「お互いを高めあえる関係」って、どこかの披露宴会場で聞いたような感じの関係。

言い換えれば、ベストカップルなのですよ。

それでいて、派手なイチャイチャはなく、清潔感のあるふれあいが描かれていて、

とてつもなく、胸がキュンキュンしてしまいます。

 

男が胸きゅんとか言うと気持ち悪いですが、

とてつもなくキュンキュンしてしまっているので、

仕方ないのではないでしょうか?

 

また、ゼンや白雪が周囲の善意の中で生かされている感もあって、

まわりのキャラクターたちにも好感が持てます。

これから先、2人の前に、様々な形で障害が立ちふさがるのでしょうが、

この2人なら、山あり谷あり抜けていけそうな気がする

そう感じさせるベストカップルの胸きゅん物語が描かれている

赤髪の白雪姫」は、そんな作品です。

 

もうここまで熱く語ったら、あとは皆さんが見るだけですね。

最後に放送情報をば!

<TV放送>

  • TOKYO MX7月6日(月)より24:00~ 放送開始予定
  • 読売テレビ7月6日(月)より26:29~ 放送開始予定
  • テレビ愛知7月6日(月)より25:35~ 放送開始予定
  • BSフジ7月12日(日)より24:30~ 放送開始予定
  • ANIMAX7月22日(水)より22:00~ 放送開始予定

※放送日時は変更になる場合があります。