読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

2015夏アニメ総括PART2

少し間が空きましたが、

2015年夏アニメ総括を私的なランキングで行いたいと思います。

 

lightnovelinfo.hatenablog.com

 

今回は各アニメ100点満点で採点してみました。

(括弧内には一応内訳も書いてありますが、その後特殊な計算をしているので、

 合計値が合わないのはあしからず。一応各項目35点満点です。)

 

 

第4位 空戦魔道士候補生の教官

総合80.5点(ストーリー:29.5点/作画:23点/サウンド:29点)

空戦魔導士候補生の教官 第3巻 [Blu-ray]

------------------------------------------------------------

最近はやりの主人公がやたら強く、1級フラグ建築士であり、

周囲の女性キャラたちから自然に、着実に好感度を上げていくストーリーでした。

ストーリー展開にしても変に無理な所がなく(実際にはありますが、気になりません)

良くできた作品だと思いました。

 

この作品の良さは

・女性キャラクターのかわいさ

・戦闘シーンのカッコよさ

・ストーリーのテンポ感の良さ

 

この3点に尽きると思います。

ちょっとださめで偽悪家で、でもいざというときカッコイイ主人公と、

その周囲にいるカワイイ女性キャラの勧善懲悪なストーリーを見たい方にお勧めですね。

本当に、あまり何も考えずにニタニタして見れる作品

心の中を幸せにしてくれる作品になっていますので、まだの人は

是非、見てみていただけましたらと思います。

 

それにしても主人公カナタ役の松岡さん

こういう役が完全に板についてしまいましたね。

メインヒロイン3人ではありませんが、ユーリ役の種田さんも

素直になれないちょっとツンデレ系の役が個人的にはまってました。

 

公式

 

ku-sen.jp

------------------------------------------------------------

 

 

第3位 GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

総合91.9点(ストーリー:30.5点/作画:28点/サウンド:28点)

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.3 接触編III <初回生産限定版> [Blu-ray]

------------------------------------------------------------

物語のモチーフが非常に面白かったです。

主人公は自衛官の伊丹二等陸尉。

ある日突然、銀座に異世界の扉が開かれ、向こう側から軍勢が攻めてくる

という結構ハチャメチャな設定。

突然人死にが描かれ、自衛隊がゲートの向こう側を調査することに…。

一見暗くなりやすそうなストーリー展開。

しかし、主人公伊丹の明るく楽観的な性格と時々見せる高度な能力がもたらす安心感

によって、終始物語は明るいイメージで進んでいきます。

 

もちろん、非常に悲しい感情を含んだエピソードもありますし、

示唆に富んでいて、物事の善悪とはとか、立場とはとか色々と考えさせられるエピソードも

ありますが、どこか抜けている伊丹という主人公と、異世界のカワイイ魔法少女や、エルフや

神様のおかげで、いい具合にぼやかされていいバランスになってるって感じですかね。

非常に面白いストーリーと心地よいテンポ感の作品でした。

 

キャラクターにしても、声優陣が豪華豪華。

ヒロイン陣も若手?の人気声優ですし、

何より渋めのおっさんたちの声が非常にいい!

 

まだ見ていないと言う方いらっしゃるのでしたら、

是非是非見てくださいね。

 

公式

gate-anime.com

------------------------------------------------------------

 

第1位 Classroom☆Crisis(同率)

総合97.1点(ストーリー:34点/作画:26点/サウンド:30点)

Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス) 7  (完全生産限定版) [Blu-ray]

------------------------------------------------------------

はい、このアニメは、もうストーリーが最高に良かったという感じですね。

イベント感想(詳しくはこちら)でも述べましたが、

最初はアニメ版半沢直樹かなと思ってみていたこの作品。

中盤から終盤にかけての怒濤の展開は、かなり、面白かったです。

私は丸戸さんの大ファンなので、ひたすら賞賛しまくりますが、

萌えアニメばかり見ているとあまり味わえないような、

激しいストーリー展開を楽しめる作品になっていたと思います。

 

アニメ作品にあまり含蓄があるとか言うと一部の人に非難を受けそうですが、

対決、復讐、信頼、不屈、愛、志など題材にしているテーマは多く、

また、深いものばかりだったと思います。

一見暗くなってしまいがちなストーリー展開も、

ふにっとした柔らかい作画のおかげか、

もう1人の主人公瀬良カイトの明るくて前向きな性格のおかげか

非常にポジティブなストーリー展開がされていたように思います。

 

伏線を張りまくって回収しまくったストーリーの最終結末は

果たしてどんなものになるのか見てない人は見てのお楽しみってことで

この作品は、ニヤニヤって言うよりハラハラドキドキって感じですね。

ナギサの成長と、カイトのぶれず折れない心は必見です!

是非是非見てみてください!

 

公式

www.classroom-crisis.com

 

------------------------------------------------------------

 

第1位 オーバーロード(同率)

総合97.1点(ストーリー:32.5点/作画:29点/サウンド:28点)

オーバーロード 3 [Blu-ray]

------------------------------------------------------------

さて、記念すべきryuhyoiの私的2015夏アニメベスト4を語ってきましたが、

残り1つ、Classroom☆Crisisと同率1位に輝いたのはオーバーロードです。

 

どうしてオーバーロードの方が後の紹介なのか…こればっかりはしかたありませんよね。

私自身高度にコミュニティー化していたブラウザゲームにハマった1人。

のべ6000時間とかプレイすると、SAOでキリトが言っていたように「現実が薄まる」

っていう感覚がわかるようになるんですが、その話はまた別の機会に。

だもんで、主人公モモンガさんの気持ちすごくよくわかるんですよね。

(ゲーム時代に一緒の組織(ギルドとか同盟とか)にももんがさんっていましたし…)

勝手に共感も出来ちゃいますし、私にとってご褒美のようなアニメでした。

 

また強くてニューゲーム的なキャラクター設定も良かったですし、

最後のPvPで培ってきた生身の人間の高度な化かし合いを具現化した勝負は

最高に燃えましたね。

あれでこそネットゲーマーですよ。

昔日の思い出がたくさん頭の中に流れていきました。

 

そんなわけで大分恣意的に語ってしまいましたが、

オーバーロードの良さはやはり下記に書いたような点でしょうね。

・ストーリーはSSの王道、しかし設定は斬新!

 ⇒ 非常にバランスが良い

・ダークファンタジーらしく、死を描きつつもバトルは主人公が最強!

 ⇒ 主人公の圧倒的な強さの前に善も悪もない感じが爽快

・世界観が非常に雄大、かつ深く考えられている

 ⇒ 作者の丸山くがねさんはネトゲ廃人だったりして

 

まあそんな感じです。こちらも過去ピックアップ記事書いてますので、

よろしければそちらもご覧ください。

もちろん、アニメをまだ見ていないなんてかたいたら、

是非是非

是非是非

視聴してみてください!

楽しいですよ!

 

公式

overlord-anime.com

 

------------------------------------------------------------

 

こうして見てみると夏アニメは、私的には豊作でしたね。

ここには書かなかったアニメでもシャーロットだったりとか、モン娘だったりとか、

結構最後まで見た作品が多かったのもこのクールの特徴でした。

今秋クールのアニメにも注目です。

 

本当に

アニメっていいものですね。

 

それでは皆さん

さよならさよなら!