ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆数字で救う! 弱小国家☆試し読み(84)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベ数字で救う! 弱小国家」をインフォします。

数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。 (電撃文庫)
Amazon.co.jpで詳細を見る
詳しくは公式で
数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。|電撃文庫公式サイト

頼れるのは数字だけ!
読めばちょっとだけ『かしこさ』が上がる(!?)、救国戦記ファンタジー!

 小国ファヴェールの王女・ソアラは悩んでいた。隣国との緊張が高まり、戦争の気配がちらつき始めた今、国力が低い自国を守るにはどうすればよいか。父王は病に倒れ、頼みの綱の家臣たちも、前時代的な「戦いの栄誉」ばかりを重視し、国を守る具体案を誰も持たないまま。このままファヴェールは滅ぶのか……。
 しかし、そんな時、彼女の前にある人物が現れた。《ナオキ》――後の歴史に《魔術師》の異名を残したその青年が扱う『数字』の理論と思考は、ソアラが求めた「国を救うための力」だった……!
 異能ナシ、戦闘力ナシ、頼れるのは2人の頭脳だけ……! 理系青年と、敏腕王女が『戦争』という強敵に挑む『異世界数学戦記』、ここに登場!

■著者
長田信織さんは、初めて聞く作家さんでしたが、新進作家さんという立ち位置でしょうか。SFや科学、数字などを得意とする理系系の作家さんっぽいですね。
イラストレータ
イラストの紅緒さんは、独特な世界観で雰囲気のあるファンタジーイラストを描くベテランイラストレーターさんというイメージです。「10年ごしの引きニートを辞めて外出したら」などが有名ですね。

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ

f:id:ryuhyoi:20170815044033j:plain
そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170815044052j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

 

■ジャンル
字の力(論理的な力)を元に組織を改変していくお話。主人公は軍師的な立場になりそう。
 数字=経済を描いた小説といえば、「狼と香辛料」「まおゆう魔王勇者」等が挙げられる。国を救うということがメインとなれば、一番近いのは「まおゆう魔王勇者」と言えるだろう。

狼と香辛料 (電撃文庫) まおゆう魔王勇者 1 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (ホビー書籍部)

個人的には、上に挙げた2作品は非常にできが良いので、本作にも期待したい。
 また、軍師というと、なかなかラノベにはでてこないが「天翔虎の軍師」等がある。エロゲでは「真剣で私に恋しなさい!」が一番近い気がする。
 主人公の性格が、大胆不敵で積極的なタイプか、数字のことしか興味のない学者然とした受け身タイプかによって、だいぶジャンルが変わってくると思われる。

天翔虎の軍師 (富士見ファンタジア文庫) 真剣で私に恋しなさい!S 初回版

■ストーリー
単に言えば、ヒロインを助けて、弱小国を救い、ひいては人々をの生活を助けて、世界を救っていくパラダイムシフトモノになるかと思う。主人公の性格にもよるが、おそらく主人公は、ヒロインに振り回されながら、現代知識と数学力を活かした策を編み出し、あっと驚くような作戦で周囲の強国をなぎ倒していく。爽快系戦記ファンタジーになるのかなと。ヒロインの容姿もかなりいいので、ブコメ要素も同時に進行し、登場人物たちの葛藤にも目が離せない物語となることが予想される。

「数字」が読めると本当に儲かるんですか? 定量分析の教科書―ビジネス数字力養成講座

■気になった点
 やっぱり取っ掛かり。「数字で救う」というタイトルはキャッチーではあるものの、経済や数学の匂いがプンプンしてくるので、とっつきにくいかなと。万人受けしそうな作品なのに、読者を絞ってしまう可能性が残念。ある意味ではかなり正直なタイトルだが、果たしてといった感じ。あとはプロモーション次第。


 

■総評
バーやタイトルではパッとしませんでしたが、試し読みをすると面白いと思える作品でした。数学好きが異世界転生。経済や軍事を数字の面から斬るというジャンル的な面白さを感じさせられる作品です。そして、突飛とも言える設定だけに、やはりお話の筋は王道展開になっています。
 キャッチーさでひきつけて、王道展開で読者を満足させるという方針のしっかりした作品だと思いました。
 ただ、どの程度、数字で救うという文言でどれほどの人を惹きつけられるか、上記に書いたように懸念点です。読んでいて楽しい話だし、数字でどうやって弱小国を立て直していくのかは楽しみなんですが、売れ行きに不安点が残ってしまいますね。
・斬新な切り口の異世界転生を読みたい方
・王道展開に、ひとクセ欲しい方
・戦記っぽいくらいの軽めな戦記を読みたい方
・ヒロインのために努力する主人公が好きな方

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

数字で救う! 弱小国家
電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。

数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。 (電撃文庫)
8月10日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:610円+税

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com