ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆黒鋼の英雄王機ヴァナルガンド☆試し読み(90)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベ黒鋼の英雄王機ヴァナルガンド」をインフォします。

黒鋼の英雄王機ヴァナルガンド
巨大勇者、異世界に降り立つ
黒鋼の英雄王機ヴァナルガンド 巨大勇者、異世界に降り立つ【電子特典付き】 (MF文庫J)
8月25日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:税込み626円

詳しくは公式で
今月の新刊詳細 | MF文庫J オフィシャルウェブサイト

魔人最弱のぼっち少女が召喚したのは――青年社長が操るロボット!?

大企業の青年社長・神代楽徒とその一行は、彼が戯れとしてその財力と最新科学を駆使して作った超巨大バイク《フェンリル》とともに、見知らぬ世界《散華の七大地》に召喚されてしまう。彼らを召喚したのは、ドジッ子魔人少女・シャルノワル。彼女は自らの配下として召喚したつもりだったが、言葉が通じず対話もままならないため、楽徒は魔人や魔獣の討伐のために喚ばれたのだと勘違い。そこへ魔獣が現れ――楽徒は、超巨大バイク《フェンリル》を巨大なロボット《ヴァナルガンド》に変形。その圧倒的な質量とパワーで粉砕したのだった! これは異世界に蔓延る魔人や魔獣と戦う巨大変形ロボット《ヴァナルガンド》を操る楽徒と、魔人少女シャルノワルの物語。

■簡単な感想
 最新鋭の現代兵器?技術を使って、異世界のモンスターをボコボコにし、理不尽なまでの戦闘力で、魔族の少女を助けるお話。政治色は1巻目からは出なそうで、わりとあっさりと、ハリウッドアクション映画のように読める作品だと思います。

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ
f:id:ryuhyoi:20170825231637j:plain
f:id:ryuhyoi:20170825231648j:plain
そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170825231657j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

■著者
 ひびき遊さんは、「千年戦争アイギス 月下の花嫁」「ガールズ&パンツァー」等スピンオフタイトルをたくさんやっている印象ですが、ファンタジーとアクションシーンに定評がある作家さんだと思ってます。

イラストレータ
 イセ川ヤスタカさんは、すみません寡聞にして知りませんでした。あどけない表情のロリ少女が得意な印象ですね。詳しくは下記ページに記載されております。
イラストレーター、同人作家、アーティストを経て - イセ川ヤスタカ(前編) | いちあっぷ

■ジャンル
代の最新技術をファンタジー世界に召喚して無茶苦茶やるという話。古くからあるが、最近では自衛隊が異世界に行く「ゲート」が有名。この手のジャンルはパタンが何個かある。

 1つは、現代科学を使ってドッカンバッカーン! とやるタイプ。最近の類作で言えば、「カチコミかけたら異世界でした」もう1つは、兵器もしくは機械などは輸入できず、知識を駆使して生きていくタイプ。最近の類作で言えば、「数字で救う! 弱小国家」「軍オタ」なども

 本作は、召喚した張本人が頭弱い系の少女だと考えると、1つ目の「カチコミかけたら異世界でした」が一番近い作品になるかと思う。

カチコミかけたら異世界でした ~最強勇者パーティは任侠一家!?~ (GA文庫) 数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。 (電撃文庫)


■ストーリー
にかく爽快感が大事な作品。現代技術を駆使し、異世界の強力なモンスターたちを、理不尽なまでに圧倒する筋になっていくだろう。そのあっけなさに爽快さを演出し、勧善懲悪なストーリーと絡めていく展開になると予想する。
 もしかすると、更に踏み込んで自分たちが異世界に与える影響を考え出し、「ゲート」のように主人公たちが苦悩する展開も見られるかもしれない。

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉 (アルファライト文庫) 軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 1 (富士見ファンタジア文庫)


■気になった点
 女の子の描写がやや弱い印象。性格的な魅力は描き分けられているが、容姿に関しては、読者やイラストレーター頼みと言った感じ。
 お話がハリウッドアクション映画のように単調になりやすい点。大迫力のアクションを売りにしている映画と違い、小説は情報量が少ないので、アクションシーンをなるべく文章で描く技術と、他の要素でカバーしていくか工夫が必要に思われる。





■総評
人公がどのヒロインとくっついていくかが気になりますね。カバーにも描かれている魔人少女がメインヒロインになるのでしょうが、個人的には、黒髪ポニテの秘書さんのほうが好み

 やっぱり最近の高齢ラノベ読みって、主人公を黙って全肯定してくれて、包容力のある、かつ妹系の美(少)女に弱いような気がします。本作でも登場してくるあたりMF文庫っぽいですね。来月には「バブみネーター」も出すようですし。
 ポンコツヒロイン+SF的最新鋭技術で、異世界をボコボコにする話が増えてきている印象です。やっぱり北や米、憲法等の影響で、日本も緊張状態だからでしょうか。
・アクション映画好きな方
・ロボやメカが好きな方
・ストレスを解消したい方
ポンコツヒロイン好きな方

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

黒鋼の英雄王機ヴァナルガンド
巨大勇者、異世界に降り立つ
黒鋼の英雄王機ヴァナルガンド 巨大勇者、異世界に降り立つ【電子特典付き】 (MF文庫J)
8月25日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:税込み626円

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com