ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆英雄世界の英雄譚☆試し読み(91)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベ英雄世界の英雄譚」をインフォします。

英雄世界の英雄譚
英雄世界の英雄譚 (ダッシュエックス文庫)
8月25日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:税込み648円

詳しくは公式で
ダッシュエックス文庫 | 新刊案内

これは、ただ1人の英雄の物語。
王道英雄譚、堂々開幕!
魔法使いグレンは、100年前、【聖女】リディアを助けた謎多き魔法使い【白銀の英雄】に憧れていた。だが髪の色が同じだけで、その実力は天地ほどの差があった。ある日、巨大な地震に襲われたグレンは、見知らぬ世界で気がつくと、同年代の少女が率いる一団に出逢う。解放軍のリーダーであるその少女の名はリディア。グレンは100年前に転生していたのだ。建国記に描かれていたリディアとの違いに驚きつつも行動を共にするグレン。さらに、いるはずの【白銀の英雄】は見当たらない。そしてリディアを懸命に補佐し旅するグレンの前へ、同じく転生してきた幼馴染みのジークが現れ――伝説を旅する王道英雄譚、堂々開幕!

■簡単な感想
 異世界召喚モノの亜種で、魔法未開時代に落ちこぼれ魔法使いが行って、英雄となる話。いじめられっ子のサクセスストーリーでもあるし、ツンデレかぶり超絶美少女ヒロインも出てくるのでおすすめです。

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ
f:id:ryuhyoi:20170826211129j:plain
f:id:ryuhyoi:20170826211141j:plain
そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170826211151j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

■著者
 空埜一樹さんは、主にHJ文庫で活躍される中堅作家さんというイメージ。スマッシュヒットを何本か出しており、最近では、「世界最強は家族と仲良く出稼ぎ中!」が有名でしょうか。

イラストレータ
 桑島黎音さんは、重厚な世界観や設定のあるファンタジーを得意とされている印象の絵師さん。同人でも有名ですし、キレイ系で透明感のある女の子のイラストは私も大好きです。

世界最強は家族と仲良く出稼ぎ中! (HJ文庫) VRMMOをカネの力で無双する (HJ文庫)

 

■ジャンル
じファンタジー世界の中で、過去に召喚され、現代の技術や知識によってヒロインを支える話。近いタイプの話としては「織田信奈の野望」があげられるように思う。凛々しく気の強い女性リーダーを支える主人公という構図は、「魔弾の王と戦姫」とか、あるいは「アクセル・ワールド」もその類だろう。

 それに+して本作は、戦記ファンタジーのような要素もゆるく持っている。主人公が振り回される立場としては、「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」や、「数字で救う! 弱小国家」なんかが好きな人も気にいると思う。

織田信奈の野望 全国版1 (富士見ファンタジア文庫) 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)


■ストーリー
し読みでは、この後の展開を予想できるまでには至らなかった。ただまあ、想定される展開は2つ。1つ目は、主人公が非魔力たちを魔法使いにして戦力を向上させる。ないしは、主人公が圧倒的な力に目覚めて敵をなぎ倒す。2つ目は、「リディア王国建国記」の知識を用いて戦略、戦術的に解放軍を支える。

 ようは、武力を供給するか知力を供給するか、その両方かに集約される。本作はまだ、どちらに主眼が置かれているのか判断できない。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫) 数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。 (電撃文庫)


■気になった点
 ファンタジー世界(異世界)で、さらに遡った過去を舞台にする設定は、説明も2倍だし、理解に要する手間も2倍になるので、なかなか難しい舞台設定になると思われる点。魔法を使えることが有利になる召喚モノを描きたいとの意図が見えるので、ある意味仕方ないところではあるが………。

 メインヒロインの性格は、高年齢層では受けるが、低年齢層の受けがよくなさそう。なので、高年齢層帯に受けるストーリーを作る必要がある。具体的には戦記系や軍師系に寄せていく必要が出てくるが、戦記は特殊技能を要するので、難しそうといったところ。

エビコレ + アマガミ 初回購入特典「高山箕犀イラスト小冊子Platonic Arcive(プラトニック アーカイブ)&PS Vita版『エビコレ+ アマガミ』着せ替えジャケット(水着Ver)」付 - PS Vita


■総評
人いやー、このヒロイン大好きですね。裏表があって猫をかぶると凛々しい超絶美少女で、裏の顔は傲慢で粗暴。信奈やエレン、そしてあんなに狡猾じゃありませんが、"裏表のない素敵な"あの人とかを思い出してしまいました。

 この手のヒロインは、意外に押しが弱かったり、主人公の不意打ちタラシに弱かったりと、結構カワイイ反応が見れるので、ギャップ萌えなんですよね。と、それだけを書いて総評にするのはなんなので……。

 本作は、いじめられながらも健気に生きている主人公が、場所を変えて英雄になるといったようなハートフルサクセスストーリーになっています。ファンタジー世界に戦記要素、バトル要素なども交えて重厚な物語が展開されていくでしょう。こんな感じでいかがでしょう。
・古き良きツンデレかぶり裏表ヒロインが好きな方
・戦記やバトルなど重厚なストーリーが好きな方
・ハートフルサクセスストーリーが好きな方

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

英雄世界の英雄譚
英雄世界の英雄譚 (ダッシュエックス文庫)
8月25日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:税込み648円

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com