ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆異世界建国記☆試し読み(95)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベ異世界建国記」をインフォします。

異世界建国記
異世界建国記 (ファミ通文庫)
8月30日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:640円+税

詳しくは公式で
ファミ通文庫◆FB Online◆

9月19日からヤングエースUPで漫画連載開始!

異世界に転生した少年アルムス。森を彷徨っていると神獣グリフォンが現れ、強引に住処に連れていかれてしまう。さらに「三年以内に独り立ちしろ」と一方的に告げるグリフォン。仕方なくアルムスは、前世の知識と経験を活かして農作物を育てたり、隣国の国王や大臣と交渉したりと、住処にいる子供達と一緒に村を作り始めるのだが、その一方で発展するアルムスの村を手に入れようと侵略を開始する国が現れ……!! のちに『神帝』と呼ばれる男の英雄譚、開幕!!

■簡単な感想
 サクサクお話。「育てる」「集める」「戦う」の人間3大欲求を満たす、中毒性の高い物語になっている。

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ
f:id:ryuhyoi:20170901222240j:plain
f:id:ryuhyoi:20170901222329j:plain


そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170901222350j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

■著者
 桜木桜さんは、本作で商業デビューの作家さん? 本作は、小説家になろうで251話分用意されている作品の一部であり、アマチュア時代から意欲的に作家活動を続けていた方のように思われます。

イラストレータ
 屡那さんは、「聖剣の刀鍛冶」などが有名な、ベテランイラストレーターさん。最近では、「転生魔王の異世界スローライフ」を出しており、異世界ファンタジー的な作品の絵師をさん。特に「転生魔王の異世界スローライフ」の女の子たちは可愛かったですね。

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) 1 (MF文庫J) 転生魔王の異世界スローライフ おいでよ魔王村! (MF文庫J)

 

■ジャンル
代知識を生かし、転生先で町や国を作っていくジャンル。思い出したのは、「てのひら開拓村で異世界建国記」や「異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる」、「デーモンロード・ニュービー」など。それぞれモチーフが少しずつ違うが、自分の手で町を作っていく楽しさ、自分のペースでガツガツ行かないスローライフ系の良さ等の共通する要素が感じられた。

 もう1つ、建国記ということで、戦記モノに繋がる要素も持ち合わせているのだろうと思われる。ここは未知数だが、スローライフ系開拓に寄るか、戦記モノに寄るかで、話がだいぶ変わってくると思われる。

てのひら開拓村で異世界建国記 ~増えてく嫁たちとのんびり無人島ライフ~ (MF文庫J) デーモンロード・ニュービー ~VRMMO世界の生産職魔王~ (GA文庫)


■ストーリー
つ1つの事柄を淡々と、日記のように描いていくストーリー。その中で集落が発展してくので非常にわかりやすい話となっている。なろう小説っぽさがよく出ていて、「必勝ダンジョン運営方法」などと作風が似ている。

 ストーリーにあまり緩急は無く、1つのイベントの情景描写を、事細かに描くことはほぼなさそう。物語のアップダウンや、ストーリー自体を楽しむというより、少しずつ発展していく集落の様子を、箱庭ゲームのプレイ動画のように楽しむ感じ。

必勝ダンジョン運営方法 : 1 (モンスター文庫) モンスターのご主人様 : 1 (モンスター文庫)


■気になった点
 お話がト書きのように機械的に進んでいく面があるので、この手の文章は好みが分かれる。あっさり読めてしまう部分が中毒性に繋がり、先が気になってしょうがなくなる。とは、私自身の感覚だが、初めの方の文章で、気に入らない人が結構出てくるのが、なろう系小説のように思われる。

 本作は、その良さ、悪さ、両方ともがよく出ている作品なので、いわゆる設定厨かつ、スローライフ系、開拓系の「なろう小説」が好きな人であれば問題ないだろう。




■総評
マれば面白いかなという感想でした。そんなの誰でもそうなんですが、とっかかりがなろう的すぎて、人を選びそうです。慣れてれば良いんですが。

 ただ、非常にサクサクと読み進められるのが本作品の良さ。飽きることなく、先に先にと読み進められるので、区切りがつけられず、そうこうしているうちに次の話が気になりだして、中毒になりそうですね。そうして、次巻を買いたくなる感じですね。
・一気読み派の方
・飽きやすい方
・10代のラノベ読者の方

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

異世界建国記
異世界建国記 (ファミ通文庫)
8月30日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:640円+税

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com