ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか?☆試し読み(100)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベ隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか?」をインフォします。
隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか? (電撃文庫)
Amazon.co.jpで詳細を見る

■簡単な感想
 オタク知識と付け焼き刃のヤンキー知識。この2つを武器に気合とハッタリだけで異世界を渡り歩く主人公の姿は秀逸。そして、主人公だいしゅき爆乳後輩ヤンキーと、清楚な神官エルフにチヤホヤされたい人にもオススメ!

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

詳しくは公式で⇒隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか?|電撃文庫公式サイト

エセヤンキー(=隠れオタ)転じて、異世界に!!
ハッタリを武器にファンタジー世界で成り上がり!?

 オタライフを堪能していたら異世界に召喚されてしまった俺氏。
 間違って入ったヤンキー学校とこれでおさらばできると思ったら、なぜか俺を尊敬してやまない後輩女子(ただし、ヤンキー)も一緒。
 オタバレしたらヤバイし、そもそもこいつを守ってやっていけるのか……。俺の特技なんてヤンキー学校で身につけたハッタリのみ。
 だけどどうやらこの世界、ヤンキー文化が花開いているようで!?

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ
f:id:ryuhyoi:20170910042752j:plain
f:id:ryuhyoi:20170910042816j:plain
そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170910042835j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

■著者
 一条景明さんは、「マギアスブレード」で去年デビューした作家さんでしょうか。いずれにしても、新進気鋭の作家さんです。

イラストレータ
 小島紗さんは、同人サークル「ユリルラリカ」で知られるイラストレーターさん。何度かコミケで買わせていただきました。艶っぽい女の子のエロカワイイ表情がたまらん絵師さんですね。コメディの部分も非常にカワイイ女の子を描く方だと認識しています。

■ジャンル
回は、《異世界召喚モノ》+《ヤンキー》の化学反応を楽しむ作品。最近だと「カチコミかけたら異世界でした」などがあり、個人的にはなぜか「辻堂さん」を思い出した。ただ、主人公がハッタリと気合、交渉だけで乗り切ってきたこともあって、アクション映画のようにはならないだろう。

 非常に、なろうっぽさを感じさせるので、筋がなく、チヤホヤされっぱなしのぬるま湯状態になるか、ちょっとしたトラブルを解決していく話になる可能性が高い。

カチコミかけたら異世界でした ~最強勇者パーティは任侠一家!?~ (GA文庫) 辻堂さんの純愛ロード 初回版(予約特典『辻堂ソングCD』付き)

 それにしても最近、ギャル系のヒロインが多い気がする。古いラノベをだと「ストライク・ザ・ブラッド」の藍羽浅葱の等の派手めな雰囲気のキャラ(別に電子の女王という意味ではない)馴れ馴れしく、主人公との距離が近くて、男友達のような気安い関係のヒロイン

 最近だと「はじめてのギャル」や、「こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。」「リア充にもオタクにもなれない俺の青春」などが挙げられる。こちらは、萎縮する主人公にグイグイ寄ってくる距離の近いヒロイン。

 ただ、今のギャル系ヒロインは、派手な見た目の開放的なヒロインにリードされたいイケイケなヒロインにもろもろ受け入れてほしい。でも、ビッチじゃなくて処女性がほしい。というメチャクチャな欲求に応える一形態なのではないかと感じる。神官エルフも清楚系ビッチかもしれないし。

はじめてのギャル(1) (角川コミックス・エース)  こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。 (講談社ラノベ文庫)


■ストーリー
んか、実はリア充っぽい主人公なのに、ヒロインを恋愛対象としてみれなくてぐちゃぐちゃしていく話。最近だと「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」に似ている。

 昔多かったのは、過去に女の子に手痛い振られ方をして、トラウマになり、2次元しか愛せないという話。ハーレムで実質恋愛しているのに、本人は認めないので、ハーレム要因は増えるばかりというのが、「中古でも恋がしたい!」「オレのラブコメヒロインは、パンツがはけない。」だっただろう。

 積極的なヒロインに対して、ヘタレ主人公が若干引き気味の対応をするので、今回だと後輩ヒロインが割を食う形。非常にかわいそう。ただまあ、神官エルフも実はヤンキーで、主人公の恋愛対象に入らなかったりするかもだけど。

 恐らく、ハッタリと演技で鍛えた主人公の政治力を利用しつつ、時にヒロインの武力を使って問題を解決していくお話になるかな。なろうっぽい設定の小説なので、ただただチヤホヤされっぱなしの話になる可能性も高い。

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?【電子特典付き】 (MF文庫J) 中古でも恋がしたい! (GA文庫)


■気になった点
 なんでここで「姫騎士これくしょん」が出て来るとおもったら、あっちは「女騎士これくしょん」だった。いやいやすみません。それと、なんというか、女の子の描写が妙に生々しく、おっぱいへの執念が凄い気がした。著者、大分好きなんじゃないだろうか。
 それにしてもゴブリンまで日本語しゃべれるのは驚いた。他のモンスターも喋れるとなると、かなりカオスなことになるんじゃないか。ということで、概ねプラスだが、一点、主人公のヘイトが溜まりやすいんじゃないかという怖さはあった。

 

リア充にもオタクにもなれない俺の青春 (電撃文庫)  オレのラブコメヒロインは、パンツがはけない。 (富士見ファンタジア文庫)

■総評
者への媚びが凄いと思う反面、続きを読みたい。買いに行こうと思ってしまう作品。自分はもっと硬派だったはずと思いつつ、触手が伸びてしまう感じですね。なかなかに魅力的な作品です。また、ヤンキー言葉やオラついた行動が、魔法的意味があるっていうトンデモ設定も、面白いですよね。この発想は、著者の他にはだれも思いつかないんじゃないでしょうか。

 そして、今流行のギャル系女子(しかも後輩で爆乳良い匂い)と、その正反対の清楚系ヒロイン(金髪サラサラ色白エルフ)でバランスを取り、表紙も考えられていて、かなり読者ウケがいいのではないでしょうか。恐いのは、これが電撃文庫だという点電撃文庫ファンには、やっぱりエッジが効いててかっこいい本を読んでるって感覚があると思います。ので、ちょっと電撃ユーザーに刺さりづらいかなと思いました。
 まとめると、気楽に読める面白い作品だと思います。
・仕事に学校に疲れている人
・おちゃめなヤンキーが好きな人
・爆乳美少女が好きな人
・女の子に優しくして欲しい人

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか?
隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか? (電撃文庫)
Amazon.co.jpで詳細を見る
9月8日発売!
メーカー希望小売価格:610円+税

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com