読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

ライトノベルのヒット率☆コラム(1)

ここまで、新作の試し読みについてあーだこーだ書かせていただいた。

(文句ある方もあるかと思いますが、ぜひコメントしてくださればと思います)

当ブログの執筆を再開するに当たって、新作試し読みの特集を始めたのは、

新作、新シリーズに対して少し思うところがあったからだ。

 86―エイティシックス―<86―エイティシックス―> (電撃文庫)   通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? (ファンタジア文庫) 

ライトノベルのヒット率について、考えたことがあるだろうか。

ここでは、昨年度(2016年4月~2017年3月の間)を例にとって考えてみる。

皆さんは、男性向けライトノベルの新作が1年でどれくらい発売されているかごぞんじだろうか?

 

 

100?

 

200?

 

300?

 ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家 (ファンタジア文庫)   妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

 

いいや、400だ。

約15レーベルで、年間約400。

主要5レーベルは、月に3~5作、新作を出していることになる。

多いと思うか、少ないと思うか、私は結構な数だと思っている。

新作はプロットから、イラストレーターの選定等、新たに決めなくてはいけないことが多く、既刊作品の約2、3倍の労力が必要となると思われる。

また、有名で優秀な作家やイラストレーターの作品だとしても売れる保証はない。

それなのに出版社は月に3~5作、ラノベ界の将来へ向けて投資をしてくれている。

尊いことだ。

 14歳とイラストレーター (MF文庫J)   エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)  

そして年間400作品のうち、どれだけの1巻が成功しているか。

(壁としては3,4巻、7,8巻あたりにもっと大きな壁がありますが、その辺はまたブログ書きます)

成功の定義は色々あるかと思うが、

ひとまず1巻の初週売上で4巻以上続けられるラインに載った作品は、

年間50約12.5%の勝率となる。

このうち継続率等で脱落するものも考慮すると、約10%

あくまで4巻まで、小ヒットの部類であるが、それですら10%

(ちなみに1巻だけで判断するのは難しいが、このうち7,8巻まで行きそうな作品が約3%。アニメ化とかまでしそうな作品は、0.7%ほど)

 

その以外の87.5%の作品は、1巻の売上をみて、打ち切りに向けた

「俺たちの戦いはこれからだ」エンドの制作に取り掛からなければならない。

作家、イラストレーター、編集者、営業、書店員その他が

「これは絶対売れるはず」と確信していてもだ。

どれだけ狭き門なのかわかられたかと思う。

これに作家としてデビューすることの難しさも考慮に入れると大変なことだ。 ライトノベルの楽しい書き方 (GA文庫)   編集さんとJK作家の正しいつきあい方 (ファンタジア文庫)

勝ち残った12.5%は、確かに面白い。できもよく素敵なイラストで飾られている良作ばかりだ。

ただ、残りの87.5%の敗者の中には、もっと沢山の良作が含まれていたりする。

そういった作品をここで紹介したい

その思いから、新作試し読みの記事を書かせていただいている。

みなさんはこの事実についてどう思ったか。ご意見をコメントにいただけると幸いです。

 

※ちなみに先にあげた50作品については、選出方法も含め、

 気になる方もおられるかと思うので、この後別記事にしたいと思う。

 簡単にいうと、オリコンと重版情報で作っている。

 

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com 

 

当サイトではコメントを募集しております!

 

忌憚なき意見、一言でもかまわないので、書いていただけると幸いです。