読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

ライトノベルインフォ14(2015年6月の気になるラノベ情報②)

いやーもう8月ですか。

ここのところ体調不良が続いており、まともに更新も出来ませんでした。

今も咳が出て眠れないので、これを書いているという次第です。

 

そう、当然、があれば、②は用意されていたわけで、

6月のラノベ、発売日はもう1ヶ月以上前ですが、紹介したいと思います。

 

6月私が買ったラノベのうち、②に持ち越されていたのは、

ファンタジア文庫の3冊です。

デート・ア・ライブ12 五河ディザスター

これまで封印して来た精霊たちの力がオーバーヒート して、暴走状態になる五河士道。最悪の事態を避けるため、精霊たち全員で士道にキスをしようとするのだが……。いつもとは違う士道に振り回され––––––––!?

 

冴えない彼女の育てかた

富士見書房 | 冴えない彼女の育てかた

新学期開幕! 新たな仲間とともに、倫也は走り出……あれ!?

出海という新たな仲間を加え、新たな目標へと向かい始めた新生blessing software。一方、どんな神の悪戯か、倫也と同じクラスになってしまった英梨々は彼らの様子が気が気でないようで……?

 

これはゾンビですか?19 はい、お前じゃねぇよ!

最終巻は前巻だと思っていた感がある巻。アニメされた話がぽつぽつとあるんですが、別にアニメの話を書いたんじゃなくてもともと書いていたこの話が アニメ化 されたんだからね!  といっておかないと誤解されそうな気がします。––––人気投票はやってません。ファンレターとか色々漁って密かにやりました。二位は友紀。

 

 

どれも続編で、どれも私がずっと購読してきたラノベです。

実は、上の2つはもう読了しているのですが、

ネタバレしないとも言えないし、するとも言えない

ほどほどなところで紹介したいと思います。

 

デート・ア・ライブについては 前巻の11巻で、あれ?思い出せない。

まあ確か、折紙の件が片付いて、一段落ついたところだったと思います。

 

今回は、主人公が精霊(少女)たちをけしかけるストーリー

原始の精霊ファントムについても、微量ながら追加情報があります。

 

今までとは全く逆に、ハーレムのヒロインたちがこっぱずかしい

思いをするのは見ていて面白かったですが、

やはりそこは女性。強く描かれています。

やはり男性作家の書く女性は強い!

 

つづいて、冴えない彼女の育て方8

こちらはちゃんと覚えております。

前巻では、冬コミが終わり、主人公安芸倫也と冴えないメインヒロイン、

加藤惠とのすれ違いが描かれていました。

最終的に2人の仲は回復するのですが、

そんなごたごたをしているうちに、2人のサークルBlessing softwareは

大変なことになっていましたね。

ゲームを作る上で最も重要といわれるメインデザイナーと

シナリオライターの2枚看板を引き抜かれてしまいました。

それでもそんな逃げた魚を許したうえで、新たに加わった後輩メンバーと共に

新規企画を実現させようと動き出す一歩手前

といったところで話が終わっていたと思います。

 

今8巻では、今まで以上にメインヒロインらしくなった加藤恵と、

後輩系デザイナー波島出海の兄貴である伊織が良い意味で、

存在感を醸し出してました。

 

勿論、前章までの旧ヒロイン(なんて言ったら作中のあの2人に怒られそう)

も、ちゃんと登場しますし、良いバランスで描かれていたと思います。

 

最後に、これゾン19巻、実はまだ手を付けていないんですよね。

そのうちにどっかに行ってしまって……。

どんなことあと、書くのだろう。だいたい17巻で

メインストーリーは終わったはずじゃ……。

木村さんさすが型破り、パないっす

とか思っていたら、あとがきに、本人も2巻も出しちゃって……。

みたいなことが書かれていましたwwww

 

まあ、内容についてはよくわからないのですが(読んでないので)

多分スピンオフ系と、今まで貯めて来た本編以外の話になるのかな、

と思います。

 

ただまあ、彼の文章はいつだって、型破りで、

いつだっていい意味で期待を裏切ってくれるものですから、

早いところ読みたいものですね。

 

そんな感じで、ライトノベルインフォ

6月の注目作品3冊の紹介でした!!!