ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚☆試し読み(66)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベ魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚」をインフォします。

魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚
魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚 (GA文庫)
7月15日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:610円+税

詳しくは公式で
SBクリエイティブ:魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚

最強の主人公とヒロインが、
常識を打ち破る英雄譚!

人類を襲う脅威に対抗する魔装使いの養成機関《七芒学園》に通うフレイヤは、魔装の具現化すらできず、退学寸前の状態だった。だが《魔術王》と呼ばれる少年、アレクが《無才剣姫》と侮られていたフレイヤの秘めている力を見抜き、彼女の目標を手助けすることを約束する。実力を疑うフレイヤに対し、アレクは的確な助言と、常人には扱えない《原初の機動魔装》を渡してきて――
最強の魔術王が無才の剣姫の枷を壊し、最強へと導く!

■著者
三門鉄狼さんは、第5回MF文庫Jライトノベル新人賞ラグナ・クラウン」でデビュー。10年目くらいの作家さんです。いやー「ラグナ・クラウン」好きだったんですよ。伏線がたくさんあるまま終わってしまっときは悲しかったです。

イラストレータ
イラストのかわいまりあさんは、数年前からラノベ絵師もやっているイラストレーターさん。ラブコメを中心に目と胸に特色のある薄めの可愛い女の子が特徴的ですね。

今回はこの新シリーズの紹介をしたいと思います。

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

 

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ
f:id:ryuhyoi:20170711215841j:plain
そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170711215908j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

 

■ジャンル
わゆる石鹸枠。学園ファンタジーバトルラブコメ。古くは「ゼロの使い魔」から始まり、本作に近いのは「精霊使いの剣舞」かな。ヒロインに悲壮感がなく、気も強くないのがちょっと風変わりなところ。冒頭数ページでは「アサシンズプライド」とかに近いのかなと思ったがそんなこともなかった。

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 精霊使いの剣舞剣と学院と火猫少女

■石鹸枠とは
以前から石鹸枠という言葉を多用していたので、一度定義しておきたい。
・剣と魔法のファンタジーでバトルモノ
中二病要素が強い(ルビや二つ名)
・王道展開のわかりやすい勧善懲悪ストーリー
・主人公やヒロインがハンデを負っている。
・ハンデからの逆転劇サクセスストーリー
・学園を舞台にするハーレムラブコメ
ラッキースケベイベントがしばしばおきる。

星刻の竜騎士 (MF文庫J) アブソリュート・デュオ告白は蒼刻の夜に (MF文庫J)

 

■ストーリー
あ、あえて言うことはないが、魔法劣等生なヒロインに、主人公が研究と称して手を貸して(親切心はないあくまで探求のため)、次々とライバルを倒していく展開かなと。手始めに金髪縦ロールのヒロインがやられるかなと。その後「学戦都市アスタリスク」のようになるのか「ハンドレッド」のようになるのかは不明。

学戦都市アスタリスク 01. 姫焔邂逅 (MF文庫J) ハンドレッド ―ヴァリアント覚醒― (GA文庫)

 

■気になった点
GAの石鹸といえば、「落第騎士の英雄譚」「聖剣使いの禁呪詠唱」「最弱無敗の神装機竜」「ハンドレッド」がメイン+アニメ化作品だったと思われる。後半はアニメ化売上も下がってきていたような気もするし、若干時代遅れの印象もあるのが若干の心配。一定層求めている人がいるのは確かで、「落第騎士の英雄譚」のように胸熱の展開にもできると思うので、期待したい。

落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>【電子特装版】 (GA文庫) 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ (GA文庫) /td>

 

■総評
論から言うと、楽しく読める小説だと思います。最近は石鹸枠の新作もなかったですし、みんな巻数が進んでしまっていて、なかなか手がつけられない状況の石鹸を知らない世代にはちょうどいい入門書となることでしょう。
・石鹸枠好きの人
・剣と魔法のファンタジーバトルが好きな人
・ハーレムラブコメが好きな人
・勧善懲悪展開が好きな人

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚
魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚 (GA文庫)
7月15日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:610円+税

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com