ライトノベルインフォ

オタク歴10年以上のryuhyoiが、注目の作品を紹介しつつ、備忘も兼ねたブログです。

新作ライトノベル紹介☆ちょっとゲームで学園の覇権とってくる☆試し読み(87)

毎回新シリーズライトノベル試し読みから新作を紹介する本コーナー
今回は、このラノベちょっとゲームで学園の覇権とってくる 」をインフォします。

ちょっとゲームで学園の覇権とってくる
ちょっとゲームで学園の覇権とってくる (富士見ファンタジア文庫)
8月19日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:税込み648円

詳しくは公式で

ちょっとゲームで学園の覇権とってくる,最強パーティは残念ラブコメで全滅する!? | 富士見書房

美少女たちとゲームで学園を制覇する、学園成り上がりラブコメ

 七峰高校――古今東西あらゆるゲームと最新鋭の設備が揃ったこの学園は、ゲームの強さですべてが決する弱肉強食の世界。
 転入早々、退学を賭けて対戦を挑まれた御剣優刀。相手は個人ランキング1位に君臨する姫宮遊衣……なのだが、優刀は彼女に勝利する。彼の正体は、数々の大会で殿堂入りとなった、伝説のゲーマー。そして――「ユイ、もう1回対戦しようぜ」三度の飯よりゲームが好きなゲーム狂だった!
「借りを返すために仕方なくだからね!」優刀は退学のかわりに、遊衣の部屋に泊めてもらったり、一緒に遊ぶことになり!? 美少女たちとのゲーム生活&学園成り上がり、PLAY START!!

■著者
うれま庄司さんは、スマッシュ文庫から発売された「彼女を言い負かすのはたぶん無理」が最大のヒット作でしょうか。中堅作家さんという印象で、ゲームをモチーフにしたり、描くことが好きな作家さんですね。

イラストレータ
イラストのおーじ茶さんは、本作でラノベデビューでしょうか。壁とかではないものの、コミケ等では、かなり人気な配置だったと思います。

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

⇒このライトノベルのスタッツはこんな感じ

f:id:ryuhyoi:20170820154642j:plain
f:id:ryuhyoi:20170820154653j:plain
そして私の評価はこちら
f:id:ryuhyoi:20170820154710j:plain
読みづらいので簡素にしていく方向です。
※試し読みとはいえネタバレを嫌う人もいると思いますから・・・・・・工夫します。

 

■ジャンル
ーム系ラノベは相当多く、最近では、今夏クールの「ようこそ実力至上主義の教室へ」と「ゲーマーズ!」が有名か。

 このジャンルは、主にゲーム内での物語を描いた「ソードアート・オンライン」「Only Sense Online」系と、ゲーム好きたちのリアルをメインで描く「僕と彼女のゲーム戦争」「ゲーマーズ!」系、そしてリアルとゲームが組み合わさった学園を描く「バカとテストと召喚獣」「ようこそ実力至上主義の教室へ」系等に別れるように思われる。

ソードアート・オンライン1 アインクラッド (電撃文庫) バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

 そういえば「ノーゲーム・ノーライフ」あれはまた別系統だろう。1つのゲームを描くか、2つ以上を描くか、主人公のスタンスはどうなのかも含めて、研究が必要なので、いずれ何かしらのアプローチで特集してみたい。

ゲーマーズ! 雨野景太と青春コンティニュー (富士見ファンタジア文庫) ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

 本作品は、「ようこそ実力至上主義の教室へ」「自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?」など、MFで多いゲームで成績や地位が決まる学園都市と、ラブコメのミックスした作品に見えるが、前2作品に比べ、ゲームにウェイトを置いている。よりリアルなゲームの楽しさ、また、面白そうなARゲームが考えられていると思われる。

ようこそ実力至上主義の教室へ (MF文庫J) 自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? (MF文庫J)

■ストーリー
状は、ゲームをしてのし上がっていくのかなという感じ。なので大重版がかかっていて2巻が今月発売の自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?に近い印象。ただ、何事も成し遂げて日常に戻りたいタイプの自称Fランクとは違い、某ゲームの「俺より強いやつに会いに行く」な感じなので、強い相手とのギリギリの勝負を楽しみたい。ゲーマー同士でのリスペクトを忘れないという意味で、「アクセル・ワールド」の主人公に近い部分が多い気がする。

ストリートファイターV HOT!パッケージ (数量限定特典「キャミィ」バトルコスチューム&「1000ゼニー」&HOT! パッケージ限定称号「HOT! なアイツ」プロダクトコード 同梱) - PS4 アクセル・ワールド1 ―黒雪姫の帰還― (電撃文庫)

■気になった点
 このジャンルは他にかなり多くの作品があるので、差別化が難しいように思う。それも、読者があからさまに喜ぶような設定を入れておくと自称Fランク」のようなヒットにつながるように思う。もしくは、1つのゲームを徹底的に作り込んで、設定や楽しみなどを徹底的に。そのゲームを魅力的に描く方法もある。あとは、スローライフ系や、生産職系。このどれでもないようにみえるので、果たして。ただ、ゲーム自体が売れ線ジャンルなことに間違いはない。





■総評
社に元いた人間としては、この手のタイプの主人公がでてくる作品は注目せざるを得ないのですが、あとはヒロイン次第かなと思いました。結局、試し読み(60p)時点で、舞台とするゲームの魅力も、学園とゲームの関わり方や、制度の仕組みも、これから何と戦っていくのかもあまり明確になっていないので、冒頭わかりにくいかなと思いました。
 今後、孤高な主人公が仲間を増やし、リアルな仲間と一緒にゲームする、楽しみを見つけていく話になっていくのかなと予想します。単純な下克上爽快感マックスな話にもならないと思いますので、複雑な人間関係やゲームや学園でのギミックも楽しみたい、簡単な話はもう聞き飽きたという人におすすめかもしれません。
・ゲームが好きな人
・主人公がのし上がっていく話が好きな人
・自信家な主人公が好きな人
・変人がたくさん出てくる作品が好きな人

上記の人にはオススメだと思います。

最後にもう一度、そんな本作みなさまよろしくお願いします!

ちょっとゲームで学園の覇権とってくる
ちょっとゲームで学園の覇権とってくる (富士見ファンタジア文庫)
8月19日発売!
Amazon.co.jpで詳細を見る
メーカー希望小売価格:税込み648円

新作紹介やコラムがもっと見たい方はこちらから

lightnovelinfo.hatenablog.com